人気

乳酸菌にある耐熱温度の仕組みに関して


どんな生物も微生物も、生存に適した温度があります。
人間ももちろんそうですし、人間が生きられないような環境でも生き延びる生物は多くいます。

お腹の調子を整えるとして注目されている、「乳酸菌」も例外ではありません。
乳酸菌といっても1種類だけでなく、300種類以上http://miyoung.jp/syokubutusei.html存在するとされています。
そのどれも、同じ性質を持ってはいません。

しかし共通して言えることは、乳酸菌は「高温では生きられない」という点です。
私たちが普段乳酸菌を取りいれる方法として一番多いであろうものは、ヨーグルトです。
ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれていますが、例えば加熱して調理を行った場合には乳酸菌は死滅してしまう可能性があります。
ですから、もしヨーグルトを使って料理を行いたい場合は、その温度にも注意が必要です。

味も変わってしまいますしね。
適切な温度・湿度でヨーグルトなどの乳製品は管理するようにしましょう。
あまり長期間保存しておくことはおススメしません。
期限内に食べきるようにし、腐敗してしまう可能性もあるのでできるだけ冷凍などで長期保存するのは避けましょう。
商品のパッケージなどに記載されている保存方法を守り、効率よく乳酸菌を取りいれられるようにしましょう。


このページの先頭へ